為替手数料の高い銀行――だから賢く手数料無料のFXをしよう

円高のときに日本円を外貨に交換し、円安のときに日本円に戻せば、為替差益が得られます。しかし、外貨と日本円を交換するときには、必ず手数料がかかります。この為替手数料というのが、けっこうバカになりません。

手数料が高いと利益が帳消しに!
外貨預金のデメリットは手数料の高さにあります。為替手数料は、たとえば米ドルだと、円→米ドル/米ドル→円で、1ドルあたり往復2円かかります。2円というとたいした金額に感じないかもしれませんが、1万ドルの外貨預金なら2万円もの手数料がかかることになるのです。

また、為替手数料は通貨によっても違います。取引量の多い米ドルやユーロなどは手数料が安く設定されていますが、取引量の少ない通貨は高くなります。
これではせっかく高金利や為替差益で得た利益が、帳消しになったり、場合によってはマイナスになってしまうこともあります。

FXなら手数料が無料に!

外貨預金がいくら高金利とはいえ、やはり高い手数料は出来れば払いたくないものです。その点、FX(外国為替証拠金取引)ならば、この手数料が無料になります。FXが登場したばかりのころはどこの金融機関も取引手数料がかかっていましたが、業者間での競争が激化し、現在では取引手数料は無料というのがもはや常識です。

そのためFXの手数料はスプレッドだけという状況です。スプレッドとは、為替取引における買値と売値の差のことです。つまり、FX業者は外貨を安く買って顧客に売って、その価格差が業者の利益となります。八百屋が大根の仕入れ値に、掛け値を乗っけて客に売るのと同じことです。

とはいえ、スプレッドは、たとえば米ドル/円の取引においては、100分の2円、つまり2銭程度です。1ドルあたりで2銭ということは、1万ドルでも200円にしかなりません。外貨預金の手数料と比べて格段に安いことがおわかりいただけるかと思います。
また、このスプレッドはFX業者によっても違います。FX業界ではスプレッドにおいても競争が高まり、1銭を切る低スプレッド業者も出てきました。

手数料は利益を大きく左右します。たった1銭の差が、年間で1〜2万円の開きとなることもあります。外貨預金よりもはるかに安く取引の出来るFXですが、少しでも多くの利益を手にするために、業者選びは慎重にするべきでしょう。