FXのレバレッジ1倍(=外貨預金)で取引しよう

FXというと、高いレバレッジで大きな利益を狙うハイリスク・ハイリターンな商品というイメージがあるようです。しかし、レバレッジを1倍に設定すれば、外貨預金と同じリスク・リターンで取引することが出来ます。しかも、手数料などのコストは、外貨預金に比べてはるかに格安です。FXはレバレッジを高めて、より高いリターンを狙えるだけでなく、外貨預金の代わりとして利用しても、非常に有利な商品性を持っているのです。

まずはハイリスクを避けて、レバレッジ1倍で
FXの最大の特徴にして最大の魅力、それがレバレッジの高さでしょう。レバレッジ――日本語に訳すと「テコ」。まさにテコの原理のように、小さな力で大きな物を動かせる。それがFXにおけるレバレッジです。
一般に株式投資や外貨預金などにおいて、たとえば100万円を元手に投資しようと思ったら、あくまでその資本分である100万円の取引しか出来ません。当然ですね。

しかしFXを利用すれば、100万円を証拠金 (担保)としてその数十倍、数百倍もの金額の取引が可能になります。大きな金額を動かすのですから、為替レートの変動が小さくてもそれなりの差益を期待できます。同時に、損益も大きくなってしまう危険性も孕んでいます。高レバレッジは、ハイリスク・ハイリターンの諸刃の剣といえるのです。
FXをはじめる際は、まずはレバレッジ1倍でリスクを低くしましょう。1倍ですから、ほとんど利益が見込めないかわり、あまり損をする心配もありません。とにかくはじめのうちは欲張らず、外貨取引の知識を増やしながら少しずつFXに慣れていくべきでしょう。

レバレッジ1倍は、じつは外貨預金と同じこと

リスク・リターンの程度から見れば、レバレッジ1倍の設定は外貨預金とほとんど同じになります。
ただ、レバレッジ1倍は外貨預金にはないメリットがたくさんあります。まずは手数料。FXの手数料はかなりの低コストです。外貨預金でいう利息に相当するスワップポイントも、外貨預金と比べても高めに設定されていますし、保有日数に応じたスワップポイントを毎日受け取ることもできます。また外貨定期預金のように満期まで保有するという期限がなく、ほぼ24時間自分の好きな時に取引することができます。

つまりレバレッジ1倍での取引は、外貨預金と同程度のリスク・リターンでありながら非常に有利なのです。