海外旅行にも便利に使える

海外旅行に行こうというとき、手続きや荷造りなど、あれこれと準備が必要です。なかでも面倒に感じてしまうのが通貨の両替でしょう。両替、それ自体の煩わしさに加え、為替レートの変動も気が揉める問題です。しかし、そんなときにとても便利なのが外貨預金です。

金利や為替差益だけじゃない――外貨預金の活用法
近年注目されている外貨預金の活用法として、海外旅行用貯蓄があります。( たとえば、アメリカによく行く人であれば、前もって日本円を米ドル預金として貯蓄しておくのです。( そうすることで、アメリカに行く度にわざわざ円を米ドルに変える必要がなくなります。現地に行けば、いつでもお金を引き出すことが出来るのです。
加えて、一度外貨預金で貯蓄してしまえば、それ以降は為替レートの影響を受ける心配はありません。

また、海外に行ったときも、為替レートは常に動いています。海外から帰ってきたとき、日本を出たときよりも円安になっていると、手持ちのお金が減ってしまいます。為替レートの影響でお金が減ってしまうことは、海外に行ったことのある人なら誰でも頭を悩ませた経験があるはずです。しかし、外貨預金で貯蓄を作り現地で引き出すだけなら、為替レートによる損失はありません。

ほかにもまだある、外貨預金のメリット

たとえばアメリカに旅行に行く時、為替レートが1ドル=100円であったとしても、レートそのままで日本円を米ドルに両替できるわけではありません。米ドルの場合、一般的に3円の手数料がかかってます。つまり日本円をドルに換えるときには1ドル=103円、ドルを円に戻すときには1ドル=97円になります。たったの3円と思われるかもしれませんが、千ドルの両替で3千円、1万ドルで3万円の手数料がとられてしまいます。帰国したとき、ドル通貨は日本で使えませんから、再度手数料を払って日本円に換えなければなりません。

手数料の安さや日本国内で生じるリスクを軽減できる。
しかしあらかじめ外貨預金を行っておけば、日本円に戻す必要はないので片道分の手数料で済みます。また、トラベラーズチェック(T/C)を利用すれば、手数料は±1円、別途発行手数料もかかりますが、ほとんどの銀行で合計金額の1〜2%と低く、発行手数料無料の銀行もあります。

さらに、「外貨預金のリスク」の項でも述べたように、日本国内のインフレや急激な円安など、経済の混乱のリスクを軽く出来るというメリットもあります。突然日本円の価値が国際的に急落しても、あらかじめ積み立てしておいた外貨預金は為替レートに関係なく金額はそのままです。海外にでかけたときにはそうした日本の国内事情の影響をほとんど受けずに通貨を使用することが出来るのです。

せっかくの楽しい海外旅行。外貨預金を利用することで、より快適に過ごすことが出来るでしょう。

海外旅行時に役立つFX口座はここ!

海外旅行時に重宝するのが格安手数料で外貨両替できるFXの口座だということがわかりました。今の時代は銀行で外貨両替すると大幅に損しますので、賢く手数料分を浮かして、海外旅行時の出費負担を軽くしましょう!

海外旅行時に使える!成田空港でも両替可能なマネパのFX口座!
FX業界で発の上場企業でもある安心のマネーパートナーズ。成田空港での外貨両替サービスもあり、海外旅行時に極めて安い手数料で両替することもできます。外貨預金初心者は主要口座として絶対に持っておこう!
>> マネーパートナーズの詳細ページへ